失業保険 傷病手当は [健康保険(社会保険)情報サイト] でご覧下さい!

失業保険 傷病手当情報は健康保険(社会保険)情報サイトの 「失業保険 傷病手当」 が一番良く解ります!

失業保険 傷病手当:健康保険(社会保険)情報サイト

失業保険 傷病手当 他 健康保険・国民健康保険関連情報満載です!




トップページ > 手当 > 失業保険 傷病手当

失業保険 傷病手当

失業保険 傷病手当の記事は広告の下にあります。
失業保険 傷病手当に関する最新情報は左のサイドバーにあります。


失業保険 傷病手当の記事はこちらです。
失業保険 傷病手当に関する最新情報は左のサイドバーにあります。

失業保険 傷病手当

一般的には失業保険と言われる雇用保険法における「傷病手当」と、健康保険法における「傷病手当金」という2つの傷病に関する制度があります。「金」が着くか否かで制度自身は全く異なっているので注意が必要です。


失業保険における「傷病手当」は、離職後に再就職の意思がある人たちが就職活動中に、病気や怪我などで就職活動ができない場合に申請すると支給されるものです。離職中の再就職活動中に病気や怪我で再就職活動ができないための生活資金の支援という意味合いがあり、傷病手当は失業保険の基本日額が支給されます。


この傷病手当は失業保険の支給期間を対象に支払われます。また失業保険の受給については延長が認められているために、退職後に病気や怪我などをした場合で療養が長引きそうな場合は、傷病手当の手続きを速やかに行って失業保険の傷病手当を受給しておき、失業保険の受給を先延ばしにすることが賢明な方法であるとされています。


この雇用保険=失業保険の受給期間の延長は傷病手当の支給を含め最大で3年間となっています。また、健康保険で言う「傷病手当金」は就職している人が、病気や怪我で就業できず給与が支払われない又は減額される場合の手当金ですから、失業保険の「傷病手当」とは意味合いが全く異なります。


この傷病手当金は、健康保険から支給されることになり最大は1年6ヵ月とされており、本人の標準報酬日額の100分の60相当額となっています。失語湯保険=雇用保険から支給される「傷病手当」と健康保険から支給される「傷病手当金」は意味合いが全く異なりますので、十分に理解しておきましょう。