健康保険傷病手当金支給申請書の書き方については [健康保険(社会保険)情報サイト] でご覧下さい!

健康保険傷病手当金支給申請書の書き方について情報は健康保険(社会保険)情報サイトの 「健康保険傷病手当金支給申請書の書き方について」 が一番良く解ります!

健康保険傷病手当金支給申請書の書き方について:健康保険(社会保険)情報サイト

健康保険傷病手当金支給申請書の書き方について 他 健康保険・国民健康保険関連情報満載です!




トップページ > 手当 > 健康保険傷病手当金支給申請書の書き方について

健康保険傷病手当金支給申請書の書き方について

健康保険傷病手当金支給申請書の書き方についての記事は広告の下にあります。
健康保険傷病手当金支給申請書の書き方についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。


健康保険傷病手当金支給申請書の書き方についての記事はこちらです。
健康保険傷病手当金支給申請書の書き方についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。

健康保険傷病手当金支給申請書の書き方について

健康保険の傷病手当は、社会保険で企業の労働者を対象とする健康保険に加入している被保険者に支給されるもので、自営業者などを対象とする国民健康保険に加入している被保険者には支給されません。というのも、傷病手当については標準報酬月額を基準として被用者が働けなくなった場合に支給することを目的としているためです。


この傷病手当の支給要件は、怪我や病気などで就労が不能な期間に勤務先からの給与の支給がないことまたは給与の支給があっても傷病手当の額に満たない給与の場合、傷病手当に達するまでの差額が支給されるのです。この傷病手当金の額は、標準報酬月額の三分の二とされており、会社が全額になるように三分の一を支給したとすると傷病手当金が総額三分の二になるように減額されるのです。


傷病手当金支給申請書の書き方は、まず傷病手当金支給申請書を社会保険事務所や健康保険組合でもらい、本人欄は本人で記入し医師欄は医師に記入してもらい、その後に会社に提出することになります。傷病手当金支給申請書の書き方でわからない場合は、社会保険事務所の人に聞けば教えてくれます。


また傷病手当金支給申請書の手続きに不安がある人や、自分で書くのは自信のない人は、社会保険労務士の先生に頼むのも一つの手でしょう。傷病手当金支給申請書が会社に提出されると、会社の記入・確認を行い社会保険事務所に提出されることになります。これで傷病手当金支給申請の手続きは終了ということになります。