国民健康保険の高額医療については [健康保険(社会保険)情報サイト] でご覧下さい!

国民健康保険の高額医療について情報は健康保険(社会保険)情報サイトの 「国民健康保険の高額医療について」 が一番良く解ります!

国民健康保険の高額医療について:健康保険(社会保険)情報サイト

国民健康保険の高額医療について 他 健康保険・国民健康保険関連情報満載です!




トップページ > 健康保険 > 国民健康保険の高額医療について

国民健康保険の高額医療について

国民健康保険の高額医療についての記事は広告の下にあります。
国民健康保険の高額医療についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。


国民健康保険の高額医療についての記事はこちらです。
国民健康保険の高額医療についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。

国民健康保険の高額医療について

国民健康保険は、2008年現在自己負担が3割負担となっています。しかし、この3割の自己負担額は長い入院生活や高度な治療を長く・多くかかっていると高額になってきて、当然生活費を圧迫してきます。そこで国民健康保険では高額医療費の制度が適用される場合があります。


この国保(国民健康保険)の高額医療費制度は、同じ歴月内・同じ医療機関・同一診療科で入院や通院毎に支払った金額が自己負担度額を超えた場合に申請することができます。この自己負担額には、入院時の食事代・保険診療対象外の費用・差額ベッド代などは計算の対象になりません。


また、所得区分によっても自己負担額が上位所得者、一般所得者、非課税世帯によって変わってくること、それに70歳以上75歳未満の被保険者の場合にも自己負担額が変わってきます。

まず、70歳未満の場合では次のようになります。
・上位所得者(基礎控除後の所得合計額が600万円を超える人):150.000円+(医療費-500,000円)×1%
・一般所得者:80,000円+(医療費-267,000円)×1%
・非課税世帯:35,400円

また、70歳以上75歳未満の場合は、次になります。
・現役並み所得者(住民税課税標準額145万円以上)の国保被保険者がいる場合:外来限度額(個人毎)44,400円、外来入院合算限度額(世帯合算)90.100円+(色湯日-267,000円×1%
・一般:外来限度額12,000円、外来入院合算限度額44,400円
・低所得者1(住民税非課税で世帯全員各所得が0円)外来限度額8,000円、外来入院合算限度額15,000円
・低所得者U(住民税非課税)外来限度額8,000円、外来入院合算限度額24,600円
となります。