国民健康保険の加入義務については [健康保険(社会保険)情報サイト] でご覧下さい!

国民健康保険の加入義務について情報は健康保険(社会保険)情報サイトの 「国民健康保険の加入義務について」 が一番良く解ります!

国民健康保険の加入義務について:健康保険(社会保険)情報サイト

国民健康保険の加入義務について 他 健康保険・国民健康保険関連情報満載です!




トップページ > 健康保険 > 国民健康保険の加入義務について

国民健康保険の加入義務について

国民健康保険の加入義務についての記事は広告の下にあります。
国民健康保険の加入義務についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。


国民健康保険の加入義務についての記事はこちらです。
国民健康保険の加入義務についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。

国民健康保険の加入義務について

日本の医療保険制度は任意で加入する医療保険を除き、健康保険は加入が義務づけられています。健康保険は大きく次の4つに別れています。国民健康保険・共済保険・被用者保険・75歳以上の後期高齢者医療保険に別れています。その中の国民健康保険およびその加入について説明していきます。


健康保険の中の国民健康保険は、一般に地方公共団体が主催するものと考えられていますが、実際には国民健康保険組合という市町村・同種の業種または事務所に従事するものを組合員とする組合健保の2種類があります。この国民健康保険組合は、1972年に数組合が認可されたのを最後に国民健康保険組合は設立されていません。


市町村国民健康保険は、財政にかなりの困難を伴う状態になっており、国民健康保険組合の存在並びに国民健康保険組合への税金投入に批判の声が上がっています。しかしながら、国民健康保険組合は同種の業種に従事するものを対象とするために職業病や労災の発見には有利な面もあることは否めません。


国民健康保険(市町村)の加入は、・被用者保険等に加入している者とその扶養者、・国民健康保険組合に加入している者と加入者の世帯に属する者、・生活保護を受けている者、・後期高齢者医制度に加入している者に該当しない場合、自動的に居住する市町村の国民健康保険に加入することが義務づけられています。国民健康保険(国保)への加入は、前に述べた条件に該当しなくなった日から、14日以内に済んでいる市町村で加入の手続きをしなくてはいけません。