国民健康保険の保険料については [健康保険(社会保険)情報サイト] でご覧下さい!

国民健康保険の保険料について情報は健康保険(社会保険)情報サイトの 「国民健康保険の保険料について」 が一番良く解ります!

国民健康保険の保険料について:健康保険(社会保険)情報サイト

国民健康保険の保険料について 他 健康保険・国民健康保険関連情報満載です!




トップページ > 健康保険 > 国民健康保険の保険料について

国民健康保険の保険料について

国民健康保険の保険料についての記事は広告の下にあります。
国民健康保険の保険料についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。


国民健康保険の保険料についての記事はこちらです。
国民健康保険の保険料についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。

国民健康保険の保険料について

国保(国民健康保険)の保険料には、医療費分・介護分・後期高齢者支援金分の3つの区分の保険料が徴収されますが、それぞれについて所得割分・均等割分・平等分で計算されています。
保険料の内容は、次のような内容となっています。また国民健康保険料のそれぞれの保険料分には最高限度額が設定されています。


・医療費分:国民健康保険の医療費に充てる保険料
・後期高齢者支援金分:長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の医療費に充てる保険料
・介護分:介護保険の第2号被保険者(40〜60歳)にかかる保険料


これらの保険料に対して、所得割分・均等割分・平等割分の3つの算定法により、計算されることになります。


・所得割:前年中の所得に応じて計算されます。所得に関しての賦課率が設定されます。
・均等割:一人あたりの金額で、加入人数により計算されます。1人あたりの金額となります。
・平等割:1世帯あたりの金額で、世帯あたりの金額になります。


これらの保険料区分と算出区分が使用されて世帯での国民健康保険料が決められて行くわけです。また、2008年度より始まった後期高齢者医療保険制度施行に伴って経過措置があります。世帯の中に国民健康保険から長寿医療制度に移行した人がいる場合と、国民健康保険以外の健康保険加入者が長寿医療制度に移行した場合その扶養者(65〜74歳)が国民健康保険に加入した場合で、世帯総所得に対する軽減措置や所得割・均等割額の軽減措置が受けられます。