国民健康保険の扶養については [健康保険(社会保険)情報サイト] でご覧下さい!

国民健康保険の扶養について情報は健康保険(社会保険)情報サイトの 「国民健康保険の扶養について」 が一番良く解ります!

国民健康保険の扶養について:健康保険(社会保険)情報サイト

国民健康保険の扶養について 他 健康保険・国民健康保険関連情報満載です!




トップページ > 健康保険 > 国民健康保険の扶養について

国民健康保険の扶養について

国民健康保険の扶養についての記事は広告の下にあります。
国民健康保険の扶養についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。


国民健康保険の扶養についての記事はこちらです。
国民健康保険の扶養についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。

国民健康保険の扶養について

国保(国民健康保険)の場合には扶養という概念がありません。世帯に属する家族は全て「被保険者」として国民健康保険に加入することになるのです。家族としての「被保険者」の年齢には関係がないことになります。


国民健康保険料は、医療分・後期高齢者支援金分・介護分の負担について所得割・均等割・平等割りの方法で、保険料が決められています。医療分・後期高齢者支援金分・介護分それぞれに世帯としての賦課限度額が定められています。


収入がない場合などは所得割分がないので均等割分が基本となるわけです。国保(国民健康保険)の保険料支払は、世帯主がまとめて支払うことになりますから配偶者や子供が支払うことはありませんが、世帯主が支払う保険料には、配偶者や子供にかかる保険料も含まれているのです。


従って国保(国民健康保険)には、扶養という概念がなく同居の家族は世帯主がまとめて国民健康保険料を支払っているということになります。このことから、国保(国民健康保険)に加入している同居の家族に関しては、その家族の世帯主が「全員分の国民健康保険料をまとめて支払っている」ということになります。従って同居の家族が収入を得ていても、世帯主でない限り国民健康保険料を支払うことはないことになります。


世帯主が支払う仕組みの健康保険料には、最高限度額(賦課限度額)があり、それが世帯での国民健康保険料の上限となっています。国民健康保険は、現在国民皆保険の基礎になる制度になっています。国民皆健康保険加入が日本での原則となっており、全ての国民が「被保険者」となっているわけです。