健康保険の種類については [健康保険(社会保険)情報サイト] でご覧下さい!

健康保険の種類について情報は健康保険(社会保険)情報サイトの 「健康保険の種類について」 が一番良く解ります!

健康保険の種類について:健康保険(社会保険)情報サイト

健康保険の種類について 他 健康保険・国民健康保険関連情報満載です!




トップページ > 保険 > 健康保険の種類について

健康保険の種類について

健康保険の種類についての記事は広告の下にあります。
健康保険の種類についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。


健康保険の種類についての記事はこちらです。
健康保険の種類についてに関する最新情報は左のサイドバーにあります。

健康保険の種類について

「健康保険」とは、社会保障(社会保障には、医療保険・年金保険・労災保険・雇用保険、介護保険・生活保護などがあります)の社会保険(各自が保険料を払い、病気やケガなどで働けなくなったときに生活費を保障する)に分類されています。


この健康保険は、健康保険に加入する被保険者が医療の必要な状態になったときに医療費を保険者が一部負担する制度を言います。日本では、「国民皆保険」とされていて日本国内に住所を有する全国民(日本に1年以上在留資格のある外国人も含む)が何らかの形で健康保険に加入するように定められています。


基本的に日本では健康保険は強制保険となっているのです。まず、「被用者保険」は企業などに働く人たちが加入する健康保険となり、この中で次の4つの健康保険の種類に分かれます。

・全国健康保険協会管掌健康保険:健康保険組合を持たない企業の従業員が加入する健康保険で、2008年10月からは政府管掌健康保険として全国健康保健協会が運営しています。

・組合管掌健康保険:企業や企業グループ(単一組合)、同種同業の企業(総合組合)、一部の途方自治体(都市健保)などの健康保険組合が運営している健康保険で2008年8月現在1,500の健康保険組合があります。

・船員保険:船舶の船員に対する保険で健康保険・雇用保険・労働者災害補償保険を総合保険として行っており、2010年1月からは全国健康保険協会が運営の予定です。

・共済組合:国家・地方公務員、独立行政法人、日本郵政グループ職員、私立学校教職員が対象の保険で、厚生年金も併せて運営しています。
次に、地域保険として全ての個人事業主・政府管掌の適用事業所でない個人事業主の従業員無職者が加入する物に「国民健康保険」があります。

・国民健康保険:国保として市町村並びに東京都の23区の運営の物と、国民健康保険組合が運営する物があります。

何らかの理由で働けなくなり収入が止まってしまった時に生活苦にならないための保険です。
ケガや病気、出産、失業などなど